Rまとめ

ウクライナ解説で防衛研究所の突出したテレビ出演を懸念 [朝一から閉店までφ★]

投稿日:

1 :朝一から閉店までφ ★:2022/05/02(月) 18:58:08 ID:CAP_USER9.net
中村 仁
2022.05.01 11:55

防衛職員が連日のコメンテーターの異様

ロシアのウクライナ侵略の報道で、連日連夜、防衛研究所のスタッフがテレビ番組に登場するのを見て、「ジャーナリズムの一環に食い込んでしまったようで、やりすぎではないか」と、思ってきました。国家・国家機関とメディアは適度の距離を置いた存在でならなければならないのです。

防衛研の存在は知る人は知っていても、私を含め、多くの人々は「そんな研究所があったのか、しかも防衛省の一組織とは」でしょう。防衛省側に「この際、防衛研の名前を売り込みたい」という明確な方針がなければ、国家公務員が専属コメンテーターのように連日、メディアに登場できるはずはありません。

ウクライナ情勢、ロシア包囲網の現状、推移、展望は国民、経済社会の最大の関心事です。防衛研の情報取集活動と分析は不可欠な任務です。日本には大小の研究所があっても、ウクライナ戦争に特化した情報を提供できるところはまずないでしょう。ですからメディア、特にテレビにとってありがたい存在なのです。

防衛研の前身は1952年設立の保安庁研修所で、1985年に防衛庁防衛研に改組されまたから、今年が創設60周年です。防衛省のための安全保障政策のシンクタンクであると同時に、自衛隊の幹部養成のための教育機関です。
「所管防衛省、組織形態は防衛省施設機関」であり、2010年に閣議決定された中期防衛計画整備計画では「防衛研究所の研究、教育期機能を充実させることを図る」ことになりました。

つまり名前が研究所であっても、防衛省そのもの、国家そのものです。そこの職員が連日、テレビのコメンテーターとして「送りこまれている」か「組み込まれている」ことに、メディアも問題意識を持つべきだと思うのです。メディアが知らぬ間に「国家の論理」に歩調を合わせる結果を招くことになりはしないか。

https://agora-web.jp/archives/2056254.html
続き

219 :名無しさん@恐縮です:2022/05/05(木) 13:48:43.67 ID:4moZhiIk0.net

中村仁の主張

ブログ「防衛研究所のメディア出演の急増」に集中したコメントの意味
https://blog.goo.ne.jp/jinn-news/e/03af7064b94bb5efe703c1451180c46c

74 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 20:06:32 ID:3IvTzzDU0.net

こういうとこはアンタ変わってんなっての言ったら 
いやお前だけにはそれは絶対に言われたくないって
言い返してくる人ばかりっていうイメージ
研究所の類いって自活できないことが多いので
廃止にならないように一般周知ってのがどこも重要だろうから

58 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 19:42:23 ID:Oqot3rU40.net

筑波学院大学より信用できるしな

142 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 00:40:24 ID:9tGxIw+f0.net

憲法学者が威張り散らしたせいもあって今やほとんどの大学で法学部は文系の平均以下。

ただし全共闘がようやく大学を去った、9条本も売れなくなった、学術会議も憲法学者偏重を修正するらしい、で今後ガラッと変わるかも。

186 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 11:13:04.38 ID:C5cjwCR/0.net

テレビが悪い

以上

5 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 19:00:57 ID:xZqEP8xo0.net

これは確かにちょっと思ったけど
他にいい人材いないんだろなあ

121 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 22:03:25.11 ID:bqQqrG0v0.net

>>6
いやいや、普通に思ったわ
公務員、もう少し本業に専念しろ!!

191 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 11:21:19.67 ID:sSPhnX7C0.net

他にマトモにロシアだのウクライナだの東欧研究してるとこがないんだろ

141 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 00:35:03 ID:uNgQv1gb0.net

>>1
だって主流派の大学が戦争を語れる学者を雇わないし

いてもSFCやら筑波やら東大先端なんたらセンターやら新しいとこばかりだし

71 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 19:59:33 ID:SPueMQsr0.net

>>44
軍事について知識があれば語れると思ってるお前の
思考の浅はかなことよ

207 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 19:33:21.75 ID:A2OFixer0.net

>>1
パヨク仲間に国防に詳しい人ひとりもいなくて悔しいですって正直に言えよw

181 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 10:32:03.55 ID:U+Z1395R0.net

世論を誘導するのがジャーナリズムですからね
リアリズムの防研の解説が気に障るんだろw

124 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 22:21:44.31 ID:aU0d/+Aw0.net

政府の公式な見解を聞けるんだから、どんどん出た方が嬉しいぞ。

160 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 06:18:02 ID:hSMJBiPa0.net

江畑謙介連れて来いや

66 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 19:49:40 ID:XZXTjopJ0.net

経済みたいによく分からん怪しいコメンテーターが出るよりマシ

148 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 01:06:22.09 ID:DCgx2zy+0.net

2008-05-02
なぜハーバード大学は「戦争学」を教えているのか?
https://www.riabou.net/entry/20080502/1209722404
みなさんは、学校で「戦争学」や「軍事学」を学んだことはありますか?
ハーバード大学の学生たちは学んでいます。

ハーバードの学生は軍事学も学ぶ
それも、極めて専門的でレベルが高い授業が行われています。例えば1960年代のハーバード大学講座案内書によれば、以下のような講座が開かれていたそうです。「」内が授業のタイトルです。(伊藤憲一著「国家と戦略」p212による)

「国防政策」 軍事戦略と外交政策に重点をおいて講義する。キッシンジャー教授による。
「陸軍の組織と国家安全保障」 全面戦争と限定戦争の諸問題を検討する。
「軍事史と基本的戦術概念」米国における戦略および軍事戦略の発展を概観する。
「海軍史」 制海権の影響を中心に海軍戦略の基本を講義する。
「戦争学の発展」 アレクサンダー大王から南北戦争までの主要な会戦で使われた兵器と戦術を検討する。
「戦略と戦術の基本」 歴史的実例にもとづいて戦略の一般的理解を促す。

こんな授業が大学で行われ、学部と大学院生によって受講されているのです。
もちろん全ての学生が軍事や戦略を学ぶわけではありませんが、一部とはいえ軍人でも何でもない学生がこんな軍事的知識を教養として身につけています。
日本の大学でケインズやアダム・スミス、ハイデガー、ルソーなどが教えられているのと同じように、クラウゼビッツや孫子が大学で教えられています。経済学や文学、歴史学と同じように、戦略学や軍事学が大学で研究され、大学生がそれを学んでいるのです。
アメリカのハーバード大学だけではなく、欧米の有名な大学では戦争学部、戦争研究学科、ないしは戦争学の講座を持っているところがほとんどだそうです。イギリスのロンドン大学やオックスフォード、ケンブリッジ、あるいはソルボンヌ、ボストン大学などはみなそうです。

なぜ海外では大学生に「戦争学」を教えるのか?
 戦争を大学で教えている、というと何か恐ろしげな、軍国主義者を大量生産しているかのような偏見を持ってしまいそうですが、それは間違いです。
 欧米の大学で戦争の研究が盛んになったのは、世界大戦を反省したからです。人類史上初の「世界大戦」を経験し、二度目の世界大戦でも主戦場となったヨーロッパ諸国は、なぜこんな悲惨な戦争が発生したのかを必死で解明しようとしました。二度と世界大戦を起こさないためです。平和を守るために、戦争を研究したのです。

 海外諸国では、このように大学やシンクタンクで戦争を研究し、それを学生に教えたり、政治家にレクチャーしたりしています。だから多くの人が「戦争と平和の常識」を身に着けているといえるでしょう。
 イギリスの戦略家リデルハートはこう言っています。「冷静な平和主義者であろうとするなら、新しい格言に基礎をおくべきである。それは”君が平和を望むなら、戦争を理解せよ”ということだ」

戦争を学ばない国、日本
 それらとは全く逆に、国を挙げて戦争を研究しないことを決めている国もあります。日本です。

 これは戦後の平和主義によるものです。戦争を忌避するあまり、戦争を研究することさえ海外の常識を無視して拒否しています。

戦前の日本も、戦争を研究しなかったから無謀な戦争をした?
 しかし、実は戦前の日本も、戦争を研究しなかったために戦争に突入してしまった面があります。戦前の日本でも、戦争に関する研究は軍だけが行うものとされていました。民間大学ではほとんど軍事の研究はせず、そのような講座も設けていませんでした。(例外が造兵学ぐらいのもの)したがって、一般国民は軍事、戦略などに無知でした。「長門と陸奥(戦艦)は日本の誇り」という歌は歌っていても、海軍戦略の何たるかとか、海軍の役目は何かとか、そういう知識は欠落していたと考えられます。

その結果、まったくの迷信である「無敵皇軍」という幻想にとらわれ、とうてい勝てるわけもない戦いに国民一丸となって突入していってしまいました。
 まさしく、リデルハートの言葉の真逆で「戦争を研究しない者は、冷静な平和主義者にはなれない。」のです。

134 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 23:56:13 ID:xVLCHcgh0.net

頭パヨQが何語っても説得力ないから重宝されてんだろ

79 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 20:17:19 ID:GSCJ2G8z0.net

>>13

ネトウヨ連呼さえすれば勝ち誇れるキムチの腐った在日バカチョン、劣等感と嫉妬、敗北感と絶望で発狂涙目

20 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 19:10:50 ID:uOaWQb7W0.net

払った税金の元を取ってるようなもんだからいいだろ解説してもらって

103 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 21:16:02.41 ID:zEQ5jJ3U0.net

安倍の方が問題だと思うけど

130 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 22:49:23 ID:QrTEM0rd0.net

まともな奴が右傾化するのはしょうがない。
ロシアが爆撃して住民を避難させてロシア人送りこんで住民投票して
併合するみたいなことを21世紀にやるとは思わなかったから。

196 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 13:53:32.57 ID:PI9FN7C/0.net

くららだったw

193 :名無しさん@恐縮です:2022/05/03(火) 11:31:41.51 ID:WmkqnWu20.net

東ヨーロッパの専門家はイデオロギー絡みの人ばっかりで中立の人が少なすぎるな
ここまで層が薄いとは思わなかった

87 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 20:27:50 ID:lXSwNcsV0.net

自衛隊の解説は役に立たんね
ロシアの虐殺に対してもまともな軍隊ならしませんてロシアは過去にやってきたしハイブリッド戦争と言われる形に変わってるのに旧態依然とした戦争知識で語る

72 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 20:00:43 ID:ZqCwg5xc0.net

イラクの時江畑さんと並んで小川さんはよく見たな

128 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 22:46:51 ID:4QfQS5wU0.net

いろんな事を無批判に受け入れて彼らの本意を理解せずにネットで喚き倒してたのよくよく考えたら問題ありありだったよ。

ウクライナに入国したらウクライナが自国の法を守るとかなんとかかんとか言い出して俺たち終身刑とか死刑とか罰金とかなりそうだ。
ロシアに入国したらロシアが自国の法を守るとかなんとかかんとか言い出して俺たち終身刑とか死刑とか罰金とかなりそうだ。
日本にいたら日本が自国の法を守るとかなんとかかんとか言い出して俺たち無期懲役とか死刑とか罰金とかなりそうだ。

よって俺の発言発話言動挙動行動行為を丸ごと全部撤回します。

85 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 20:26:29 ID:H3CiyLto0.net

コロナの時に変なの安易に使ってそいつらの商売に利用されたからマスコミも少しは学んで公的な人を使うようにしてんだろう

131 :名無しさん@恐縮です:2022/05/02(月) 23:01:09.91 ID:ZOZl+zy/0.net

>>108
笹川さんも筋金入りのファシストだったからアレなんだよねー

225 :名無しさん@恐縮です:2022/05/06(金) 17:25:28.87 ID:t/zfKhvD0.net

>>224
フジテレビの能勢さんぐらいかな

224 :名無しさん@恐縮です:2022/05/06(金) 17:05:42.40 ID:i+BOqYnx0.net

マスコミ会社の中に軍事防衛について常に取材して知識を深めてる人がいないのが問題なんじゃないの?

第2第3の田岡氏みたいな人、ぜんぜん育ってないでしょ。

-Rまとめ

Copyright© 【 R速報 】-ニュースまとめサイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.